肝胆膵第76巻第4号

アンギオテンシン受容体拮抗薬によるNASH治療

電子書籍のみ

  • 中出 幸臣他(愛知医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    NAFLD/NASHは確立した治療法がないため,種々の治療法が試みられている.レニンアンギオテンシン系(RAS)は脂肪肝においては脂質蓄積に働き炎症および線維化を促進することが基礎的検討で明らかになってきている.これまでに筆者らはRASを抑制するアンギオテンシンⅡ受容体拮抗剤(ARB)の一つであるロサルタンのNASHに対する有効性を報告してきた.本稿では肝におけるRASの役割とNASHにおけるARBの有効性を概説し,最近の知見に関しても述べてみたい.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Angiotensin receptor blockers in the treatment of NASH
中出 幸臣 米田 政志
愛知医科大学医学部消化器肝胆膵内科