肝胆膵第76巻第4号

NAFLDにおける腸内細菌叢と腸内代謝産物の役割

電子書籍のみ

  • 結束 貴臣他(横浜市立大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    非アルコール性脂肪肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease:NAFLD)病態形成や進展に関わる腸内環境の異常には,大きく分けて腸内細菌叢の異常と腸内代謝産物の異常が重要な役割をすると考えられている.腸内細菌叢の異常については,腸管透過性亢進,腸内細菌の質的量的異常,内因性アルコールの増加,肝臓におけるエンドトキシン応答性亢進の四つの機序で重要な役割をすると考えられている.また,腸内代謝産物においては短鎖脂肪酸や腸内細菌による炭水化物や脂質代謝の重要性が示されている(図1)

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Role of gut microbiota and metabolome in NAFLD
結束 貴臣 小林 貴 本多 靖 小川 祐二 留野 渉 今城 健人 米田 正人 斉藤 聡 中島 淳
横浜市立大学大学院肝胆膵消化器病学教室