肝胆膵第76巻第4号

膵頭十二指腸切除術後の合併症としてのNASH/NAFLD

電子書籍のみ

  • 渡邊 利広他(山形大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    膵頭十二指腸切除術(PD)後に発症する非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の症状,予後,リスク因子,病態や治療などについて,これまで報告されてきた文献から新知見をまとめて報告する.最近の文献では,膵外分泌機能障害によるとするデータが多いが,PDは複雑な再建と生体への高度な侵襲を伴う術式であり,NAFLD発症は,膵外分泌機能障害を軸に,インスリン欠乏を中心とした膵内分泌機能障害,術後炎症,術後補助化学療法,亜鉛や蛋白エネルギー喪失に伴う低栄養なども含めた複合的な作用機序によることが示唆された.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

NASH/NAFLD after pancreaticoduodenectomy
渡邊 利広 木村 理
山形大学大学院医学系研究科外科学第一講座