肝胆膵第76巻第4号

抗酸化療法のエビデンス

電子書籍のみ

  • 伊藤 清顕(愛知医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の発症には,酸化ストレスによる脂質過酸化の亢進やミトコンドリア機能障害,細胞内のDNA障害,肝星細胞活性化による炎症,線維化の惹起といったさまざまな病態が関与していると考えられている.このためビタミンE,ペントキシフィリン,ベタイン,ウルソデオキシコール酸などの薬剤が抗酸化療法としてNASHの治療薬となる可能性がある.しかし,現在のところNASHに特異的な治療は認められておらず,NASHを保険上の適応疾患とする薬剤は存在しない.そのなかでビタミンEは抗酸化療法としてNASHに対する効果のエビデンスが比較的豊富であり,わが国のガイドラインでも投与が提案されている.しかし,剤形により投与量や適応疾患が異なり注意を要する.そのほかの抗酸化療法としては,現在のところ国内で推奨される薬剤は認めず,今後のエビデンスを待つ必要がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Evidence of antioxidant therapy in NAFLD/NASH
伊藤 清顕
愛知医科大学肝胆膵内科