肝胆膵第76巻第4号

NASHと遺伝子多型

電子書籍のみ

  • 前川 伸哉(山梨大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    近年,さまざまな疾患において一塩基遺伝子多型(single nucleotide polymorphism:SNP)と病態との関連が明らかになりつつある.NAFLD/NASHにおいてもゲノムワイド関連解析(genome-wide associated study:GWAS),あるいは特定の候補遺伝子を標的とした解析(candidate gene study)により,PNPLA3やTM6SF2などをはじめとしたNAFLD/NASHに関連するヒトのゲノム領域が次々に明らかとなってきた.まだまだ今後の検討が必要な段階ではあるが,NAFLD/NASHの臨床において重要なバイオマーカーとなることが非常に期待されている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

NASH and single nucleotide polymorphisms
前川 伸哉
山梨大学医学部附属病院消化器内科(第1内科)