肝胆膵第76巻第4号

糖鎖バイオマーカーを利用したNASH診断の試み

電子書籍のみ

  • 三善 英知他(大阪大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    糖鎖は蛋白質の飜訳後修飾に関わる重要な生体分子であり,発生,分化,癌化,癌の転移でその構造が変化することから,多くのバイオマーカーとして応用されている.数ある糖鎖修飾のなかで,フコースによる糖鎖修飾(フコシル化)は,癌や炎症と密接に関係する.本総説では,筆者らが永年研究してきたフコシル化の機能解析を一部紹介し,グライコプロテオミクスの手法を用いて開発した糖鎖バイオマーカーがNASH診断へ応用できるかどうか検討した.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Application of glyco-biomarkers to a diagnosis of NASH
三善 英知 鎌田 佳宏
大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学講座