肝胆膵第76巻第4号

SGLT2阻害剤

電子書籍のみ

  • 小宮 力他(東京医科歯科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    SGLT2阻害剤は,尿細管におけるグルコースの再吸収を阻害することで尿糖排泄を促進し,インスリン作用とは独立した血糖降下作用および体重減少作用をもたらす糖尿病治療薬である.最近,SGLT2阻害剤がNAFLD/NASHに有効である可能性が報告されており,われわれの検討では,体重減少による肥満の改善のみならず,体重減少を伴わずとも,肝臓の脂肪酸代謝や脂肪組織炎症が改善することで,NAFLD/NASHの病態に抑制的に作用する機序が考えられた.NAFLD/NASHを合併する2型糖尿病患者においては,糖尿病治療薬の選択にあたり,SGLT2阻害剤が有望な選択肢になると考えられる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

SGLT2 inhibitors
小宮 力 吉本 貴宣
東京医科歯科大学大学院分子内分泌代謝学