肝胆膵第76巻第4号

オートファジーによる脂肪蓄積制御

電子書籍のみ

  • 坂根 貞嗣他(大阪大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    オートファジーは細胞内分解機構の一つとして知られており,細胞の恒常性維持に重要な役割を果たしている.最近多くの疾患においてオートファジーの破綻が病態に影響を与えていることがわかり,注目を集めている.また,オートファジーによる脂肪滴の分解機構(リポファジー)の存在も明らかになった.最近われわれはNAFLDにおいてRubicon蛋白の蓄積が肝細胞オートファジー抑制の原因となり,肝脂肪蓄積増悪に寄与することを報告した.オートファジーはNASH/NAFLDの病態進展において重要な役割を果たしていると考えられる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The regulation of lipid accumulation by autophagy
坂根 貞嗣 疋田 隼人 竹原 徹郎
大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学