肝胆膵第76巻第4号

NAFLDに対する食事・運動療法

電子書籍のみ

  • 高橋 宏和他(佐賀大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    食事・運動療法は非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease:NAFLD)および非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis:NASH)に対する治療法として確立されている.食事運動療法の効果は,摂取カロリーの制限やカロリー消費による体重減少がNAFLD病態改善のために重要であるとされてきたが,近年,体重減少とは独立した運動療法の効果も検討されている.多数の新規薬物療法が開発・臨床治験段階にあるが,生活習慣病であるNAFLDに対しての食事・運動療法は,NAFLDの治療戦略において今後も引き続き重要な役割を担うと考えられる.一方でNAFLD・NASHの予後や予後因子である肝線維化に与える影響については,今後さらなるエビデンスが求められている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Diet and exercise therapy in nonalcoholic fatty liver disease
高橋 宏和*1,2 大座 紀子*1,3 江口 有一郎*2
*1佐賀大学医学部肝臓・糖尿病・内分泌内科
*2佐賀大学医学部附属病院肝疾患センター
*3佐賀県医療センター好生館肝胆膵内科