肝胆膵第76巻第4号

Transient elastography

電子書籍のみ

  • 小川 浩司他(北海道大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease: NAFLD)に対する肝線維化評価法として,transient elastography(FibroScan®)が注目されている.FibroScan®における肝硬度はNAFLD症例においても肝線維化と相関し,さらにCAP機能により肝脂肪化の定量評価が可能となった.NAFLDの多くは肥満を合併しているため,通常のM-probeで測定できない症例も存在しているが,近年,XL-probeが開発された.NAFLD診断においても非侵襲的で繰り返し評価可能なFibroScan®は有用である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Transient elastography
小川 浩司*1 中井 正人*1 荘 拓也*1 須田 剛生*1 森川 賢一*1 西田 睦*3 坂本 直哉*2
*1北海道大学病院消化器内科
*2同 大学院医学研究院内科学分野消化器内科学教室
*3同 検査・輸血部/超音波センター