肝胆膵第76巻第4号

NASH/NAFLDの病理診断の問題点

電子書籍のみ

  • 原田 憲一(金沢大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    NASHの診断に現在のところ肝生検は必須であり,組織学的に脂肪変性,小葉炎,肝細胞風船様変性が必須である.しかし,個々の所見のみならず,所見の程度についても判定に関する詳細な取り決めはなく,診断する病理医に委ねられているのが現状である.また,線維化による病期判定に苦慮する症例も多い.さらに,自己免疫性肝炎や薬物性肝障害と合併する症例も存在し,病理診断の重要性のみならず困難性も明らかとなりつつある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Pathology of NASH/NAFLD
原田 憲一
金沢大学医薬保健研究域医学系人体病理学