肝胆膵第76巻第4号

NASH関連肝細胞癌の特徴

電子書籍のみ

  • 有泉 俊一他(東京女子医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)肝細胞癌(HCC)の臨床病理組織学的特徴について検討した.2000〜2014年のNASH関連HCC 57治癒切除例を検討した.同期間のウイルス関連(HBVまたはHCV)HCC 644治癒切除例,アルコール関連HCC 59治癒切除例と比較検討した.NASHの診断は,NAFLD/NASH診療ガイドライン 2014に従い問診と非癌部肝組織で診断した.NASH関連HCCの肝硬変(23%)は,ウイルス関連HCC(46%)やアルコール関連HCC(47%)より有意に少なかった.NASH関連HCCの門脈侵襲(11%)は,ウイルス関連HCC(24%)より有意に少なく,アルコール関連HCC(22%)と有意差はなかった.NASH関連HCCの切除成績(5年生存率88%,5年無再発生存率41%)は,ウイルス関連HCC(66%,28%)より有意に良好であったが,アルコール関連HCC(74%,30%)と差はなかった.NASH関連HCCは肝硬変や門脈侵襲が少ないため再発率が低く,生存率が良好である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Clinicopathological characteristics of NASH related HCC
有泉 俊一 山本 雅一
東京女子医科大学消化器外科