肝胆膵第76巻第4号

NASH/NAFLDと鉄代謝

電子書籍のみ

  • 長谷部 拓夢他(旭川医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    鉄は生体反応に必須な元素である一方,過剰鉄は肝炎増悪や発癌に関与しC型慢性肝炎では除鉄治療の有効性が示されてきた.NASH/NAFLDはしばしば鉄過剰症を合併し,過剰鉄が病態進展に影響することが示唆されている.鉄代謝の変化に伴うNAFLDの病態は複雑な分子機構を介して変化しており,腸管などとの他臓器連関や肝内での実質細胞と非実質細胞の連関がある.当研究室では鉄代謝に関わる新たな肝細胞と類洞内皮細胞の連関を見いだした.鉄過剰を伴うNAFLDに対して,瀉血療法などの除鉄治療が考慮される.NAFLDの治療として瀉血療法は有効な可能性があり,ランダム化比較試験が報告され, 肝炎に対する炎症抑制効果が示された.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Alteration of iron metabolism in NASH/NAFLD
長谷部 拓夢 林 秀美 中嶋 駿介 澤田 康司 生田 克哉 藤谷 幹浩 奥村 利勝
旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野