肝胆膵第76巻第4号

NASH動物モデル

電子書籍のみ

  • 菅波 孝祥他(名古屋大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は,メタボリックシンドロームの肝臓における表現型で,一定の割合で肝硬変や肝細胞癌へ進展する.その病態はいまだ不明の部分が多く,理由の一つとしてヒトの病態をよく反映する動物モデルの不足があげられる.筆者らは,摂食抑制やエネルギー消費亢進に働くメラノコルチン4型受容体(MC4R)を欠損するマウスを用いて,新たなNASHモデルを確立した.MC4R欠損マウスに高脂肪食を負荷すると,肥満やインスリン抵抗性を背景に脂肪肝,NASH,肝細胞癌を経時的に発症する.本モデルにより,代謝性肝線維化を促進する微小環境やNASH特異的マクロファージサブセットが見いだされた.本稿では,MC4R欠損マウスを中心に,さまざまなNASH動物モデルにより明らかになってきたNASHの発症機構を,特に肝線維化に焦点を当てて概説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Animal models of NASH
菅波 孝祥*1 伊藤 美智子*2 田中 都*1 小川 佳宏*3
*1名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野
*2東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科臓器代謝ネットワーク講座
*3九州大学大学院医学研究院病態制御内科学分野