肝胆膵第76巻第4号

各病理診断基準の特徴と相互関係−NAS,Matteoni分類,Brunt分類−

電子書籍のみ

  • 小木曽 智美(東京女子医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    NAFLDはNAFL/NASHからなり,NAFL/NASHの診断は確立された特異的な血清マーカーの欠如から,肝生検がいまだゴールドスタンダードとなっている.したがってNASHの病理診断,その基準,分類は重要である.病理組織の評価では,BruntがNASHの重症度分類を提唱し,NASHとNAFLの鑑別には,Matteoni分類,NAFLD Activity Score (NAS),steatosis, activity, and fibrosis(SAF)/fatty liver inhibition of progression(FLIP)アルゴリズムが提唱されてきた.NASは脂肪性変性の程度,炎症の程度,風船様肝細胞の分布密度の3因子の合計で評価するが,FLIPアルゴリズムでは個別に評価する.病理分類はそれぞれ特徴を有するが,さらに優れた診断基準・スコアリングシステムの確立が望まれる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Pathological features and the diagnosis critesia of NAFL/NASH
小木曽 智美
東京女子医科大学消化器内科