肝胆膵第76巻第4号

MR laparoscopy

電子書籍のみ

  • 川村 祐介(虎の門病院)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    現状NASHの診断は組織学的診断がゴールドスタンダードではあるが,今後組織学的診断に依存しない,これまでに報告されているような各種の線維化進展予測式などを利用し線維化進展予測例を拾い上げていく手法に加え,線維化進展予測例やこのような予測式でも予測困難な症例に対し,各種画像診断を併用し,いかに拾い上げるかということも重要な課題になる.今回 臨床・病理組織学的にNAFLDと診断された症例を対象にNAFLDの線維化予測において有用性が報告され,予測式内に血小板数を含んでいる各種線維化予測スコア〔aspartate aminotransferase(AST)to platelet ratio index(APRI),FIB4 index,NAFLD fibrosis score(以下NFS)〕を用いたハイリスクグループの絞り込みとその限界およびMRI画像診断(MR laparoscopy)の,線維化進展例スクリーニングにおける有用性につき報告する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Utility of MR laparoscopy for diagnosis of advanced liver fibrosis
川村 祐介
虎の門病院肝臓センター