肝胆膵第76巻第4号

NAFLD診断における線維化スコアの比較

電子書籍のみ

  • 玉城 信治他(武蔵野赤十字病院)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    NAFLDを背景とした肝細胞癌や肝関連死が増加している.これらの発症には肝線維化進展が寄与しており,その線維化診断が臨床上極めて重要である.従来肝生検によって線維化診断が行われてきたが,非侵襲的な肝線維化マーカーが開発されている.日常診療で得られる臨床データ,血液データの組み合わせによるNAFLD fibrosis scoreやFIB-4 indexが高い診断能を有しておりその有用性が報告されている.このマーカーは線維化診断のみならず,その後の合併症発生や予後とも相関しているため,NAFLDの診療において,簡便なスクリーニングツールとして重要な役割をもっている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Comparison of non-invasive fibrosis maker in NAFLD
玉城 信治 黒崎 雅之
武蔵野赤十字病院消化器科