肝胆膵第76巻第4号

NASHの超音波診断

電子書籍のみ

  • 小林 奈津子他(兵庫医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    NASHの診断は肝生検による組織診断でのみ可能とされているが,侵襲性の高い肝生検をNAFLD患者全例に施行することは非現実的であり,肝生検に替わる非侵襲的な画像診断の確立が望まれている.超音波検査は簡便で非侵襲的であり,以前より脂肪肝の診断に広く用いられてきた.最近では超音波の脂肪減衰法を応用して脂肪化の定量評価が行えるようになった.また非侵襲的な肝線維化の診断法として超音波を用いたエラストグラフィが開発され,NASH診断における有用性が注目されている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Ultrasound diagnosis of NASH
小林 奈津子*1 飯島 尋子*1 西村 貴士*1 西口 修平*2 廣田 誠一*3 多田 俊史*4 熊田 卓*4 近藤 礼一郎*5 矢野 博久*5 鹿毛 政義*5
*1兵庫医科大学病院超音波センター
*2同 肝・胆・膵内科
*3同 病院病理部
*4大垣市民病院消化器内科
*5久留米大学医学部病理学講座