肝胆膵第76巻第4号

ホルモン異常に基づくNAFLD/NASH発症

電子書籍のみ

  • 小野 正文他(高知大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    肥満や糖尿病,メタボリック症候群はNAFLD/NASHの発症基盤要因として知られているが,下垂体機能低下症(成長ホルモン分泌不全),甲状腺機能低下症,男性ホルモン分泌不全,女性ホルモン分泌異常などのホルモン異常のよる病態も二次性NAFLD/NASHの要因として重要である.しかし,それらのホルモン異常に基づくNAFLD/NASHはついつい見過ごされていることも多いと考えられる.ホルモン欠乏の場合には欠乏ホルモン補充により治療が可能なケースも少なくないため,NAFLD/NASH患者を診察するすべての医師が留意する必要がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Development of NAFLD/NASH induced by dysfunction of hormones
小野 正文 増田 弘誠 西原 利治
高知大学医学部消化器内科学