肝胆膵第76巻第4号

NAFLDにおける可溶性TNF receptorとTNF-α遺伝子多型

電子書籍のみ

  • 徳重 克年(東京女子医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の発症・病態に古くはtwo hit theoryが唱えられている.Two hit theory のsecond hitとして,アディポサイトカイン特にtumor necrosis factor(TNF)が注目されている.可溶性TNF receptorは,TNFの産生量を反映するよいマーカーである.NASHにおいては,可溶性TNF receptorが,NAFLと比較してNASHで上昇する.さらに可溶性TNF receptorは,NAFLDの肝生検所見の線維化・炎症の程度と相関し,またTNFαの産生に関係するTNFα promoter regionの遺伝子多型(SNP)がNASHの発症・進行に関与した.今後PNPLA3のSNPとの関連が注目される.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Soluble TNF receptors and TNF-α gene polymorphisms in NAFLD
徳重 克年
東京女子医科大学消化器内科