肝胆膵第76巻第4号

CK-18 fragment

電子書籍のみ

  • 松平 浩他(東京慈恵会医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    増加の一途を辿る予後不良なNASH患者を鑑別するための,より安全で簡便かつ経済的な診断方法の確立が希求されて久しい.そのなかでCK-18 fragmentは,カスパーゼ依存性の肝アポトーシスの機序内で上昇することが知られており,NASH診断におけるバイオマーカーとしての使用が期待され,世界的に研究が進んでいる.近年では単独使用ばかりでなく,ほかのバイオマーカーやスコアリングシステム,画像診断装置との併用によりその診断能の向上化が図られている.本稿ではCK-18 fragmentの可能性や問題点について,最近の知見を交えて概説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

CK-18 fragment
松平 浩 穂苅 厚史
東京慈恵会医科大学葛飾医療センター消化器・肝臓内科