肝胆膵第76巻第4号

NAFLD/NASHにおけるMRIを用いた線維化・脂肪化診断

電子書籍のみ

  • 前川 伸哉(山梨大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    近年,NAFLD/NASH患者は本邦においても大きく増加している.一方でNAFLD/NASHの日常診療において,特に重要性の高い肝の線維化・脂肪化の診断を適切に評価するシステムがいまだ確立されておらず,大きな問題となっている.このようななか,MRIを用いたNAFLD/NASHにおける肝硬度(MR elastography:MRE)と肝脂肪沈着(MRI proton density fat fraction:MRI-PDFF)診断の有用性が最近の多くの検討で次第に明らかとなってきた.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Diagnosis of liver fibrosis and fatty liver in NAFLD/NASH using the MRI
前川 伸哉
山梨大学医学部附属病院消化器内科(第1内科)