肝胆膵第76巻第4号

肝切除危険因子としてのNASH

電子書籍のみ

  • 大道 清彦他(東京大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    本邦でもnonalcoholic steatohepatitis(NASH)は増加傾向であり,肝臓病のなかで近年NASHを関連の肝細胞癌は増加傾向であると考えられる.また,術前化学療法施行した大腸癌肝転移例では二次性NASHが背景肝にある肝切除を行う場合が増加しており,背景肝がNASHである肝切除は増加傾向であると考えられる.本稿ではNASHが肝切除に与える影響のなかでも特にNASHがどのように周術期に影響を与えるかを,実地臨床に活用するうえでの注意点とともに述べる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Nonalcoholic steatohepatitis as a risk factor in hepatic resection
大道 清彦 有田 淳一 赤松 延久 金子 順一 阪本 良弘 長谷川 潔
東京大学医学部附属病院肝胆膵外科・人工臓器移植外科