肝胆膵第76巻第4号

ミトコンドリア代謝を標的としたNAFLD治療−ミトコンドリア代謝異常とカルニチン−

電子書籍のみ

  • 平松 憲他(広島大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    NAFLDの発生・病態進展には,ミトコンドリア機能異常とそれにより引き起こされる酸化ストレスなども大きく関わっている.カルニチンはミトコンドリアにおいて脂肪酸のβ酸化を促進する作用や抗酸化作用を有しており,これらを標的とした治療薬として期待されている.NAFLD患者を対象としたカルニチンの効果を検討した臨床研究が二つ報告されており,いずれにおいても肝機能,糖代謝マーカーおよび脂質マーカーの改善が認められた.またマウスを用いた基礎研究においては,カルニチンが酸化ストレスや炎症性サイトカインを抑制するとともに,ミトコンドリア機能を改善させることが示された.今後大規模な臨床研究やさらなるメカニズムの解明が待たれる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Treatment of NAFLD targeting mitochondrial metabolism ?including carnitine?
平松 憲*1 兵庫 秀幸*2 中原 隆志*1 村上 英介*1 相方 浩*1 茶山 一彰*1
*1広島大学大学院医歯薬保健学研究科 消化器・代謝内科学
*2 JA広島総合病院 消化器内科