肝胆膵第76巻第4号

グルコース・トランスポーターと肝癌

電子書籍のみ

  • 鍛治 孝祐他(奈良県立医科大学)
  • 発行日:2018年04月28日
  • 〈要旨〉
    今後,非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を背景とする発癌の頻度が増加していくなかで,糖代謝は背景肝と癌,両者の病態制御において鍵となる役割を果たす.Warburg効果が基盤となる癌の糖代謝においてはグルコース・トランスポーターの発現機構が重要であり,肝癌を含めた癌治療の新たな標的として期待されているが,いまだ解明されていない部分も多く,検討課題も多い.そのなかで近年の検討で新規糖尿病治療薬としても広く使用されているSGLT2阻害剤が糖の取り込み抑制を介して癌治療に応用できる可能性も期待されている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The role of glucose transporter in HCC
鍛治 孝祐 吉治 仁志
奈良県立医科大学内科学第三講座(消化器・内分泌代謝内科)