肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

レゴラフェニブの臨床第Ⅲ相試験の試験デザインと概要

電子書籍のみ

  • 柴 知史他(国立がん研究センター中央病院)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    進行肝細胞癌の全身化学療法は,長い間ソラフェニブのみであったが,2017年6月に本邦において,ソラフェニブに不応となった進行肝細胞癌に対してレゴラフェニブが保険収載された。進行肝細胞癌に対する2nd lineの全身化学療法は,これまで数多くの臨床試験が行われたものの,すべて失敗に終わってきた。本稿では,レゴラフェニブが承認へ至ったpivotal試験であるRESORCE試験について概説するとともに,RESORCE試験の試験デザインから成功した理由について考察する。

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

柴 知史 奥山 拓志
国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科