肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

ソラフェニブ不応後レゴラフェニブの有効性の基礎検討

電子書籍のみ

  • 山下 太郎(金沢大学附属病院)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    肝細胞癌は世界第二の癌死亡原因であり,本邦における進行肝細胞癌の平均生存期間は1年未満と極めて予後不良な難治性癌の一つである.進行肝細胞癌に対し分子標的薬であるソラフェニブが使用されてきたが,ソラフェニブ不応後に有効な二次治療薬については,さまざまな製薬企業により探索が行われてきたにもかかわらず,長らく見いだされなかった.2017年,レゴラフェニブがソラフェニブに忍容性のある患者集団において,プラセボと比較し統計的に有意にソラフェニブ不応後の全生存期間延長効果を有する薬剤であることが報告された.本稿では,基礎的データからソラフェニブ抵抗性とレゴラフェニブの作用機序について,われわれの検討結果を紹介する.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

山下 太郎
金沢大学附属病院総合診療部