肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

RESORCE試験のデータ-治療成績のUpdate,日本人サブグループの治療成績,レゴラフェニブのバイオマーカー-

電子書籍のみ

  • 池田 公史(国立がん研究センター東病院)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    RESORCE試験のUpdateの結果が報告され,主解析と遜色ない結果であった.追加解析として,ソラフェニブ開始からの生存期聞が26か月と非常に良好な生存期間が報告された.日本人集団のサブ解析では,有効性は同様に期待できるが,有害事象が高頻度に認められており,注意が必要である.バイオマーカーもさまざま検討されているが,まだ確立したマーカーは見いだせていない.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

池田 公史
国立がん研究センター東病院肝胆膵内科