肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

ソラフェニブ不応の肝細胞癌に対するレゴラフェニブの7 症例

電子書籍のみ

  • 沼田 和司・他(横浜市立大学附属市民総合医療センター)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    ソラフェニブが400 mg以上内服可能だが,病勢進行したChild-Pugh A,performance state 0または1 の7 症例(RESORCE試験参加の実薬3 例,市販後の4例)にレゴラフェニブを投与した.レゴラフェニブの有害事象はソラフェニブと類似し,ソラフェニブで有害事象の出た症例はレゴラフェニブを早めに減量し,投薬の継続を試みることが可能であった.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Experiences of regorafenib for HCC patients with sorafenib failure: 7 cases
沼田 和司*1 守屋 聡*1 福田 浩之*1 西郡 修平*1 中馬 誠*1 前田 愼*2 田中 克明*1,3
*1 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター
*2 同 大学院医学研究科消化器内科学 *3 秦野赤十字病院