肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

レゴラフェニブが奏効したStageⅣ肝細胞癌症例

電子書籍のみ

  • 古林 佳恵他(岡山市立市民病院)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    ソラフェニブ使用にもかかわらず,PDであった症例にレゴラフェニブを用いて治療したところ,腫瘍マーカーはその直後より低下,また開始1か月の時点での効果判定CTではリンパ節転移巣が縮小し,3か月経過した現在まで,副作用なく良好な結果が得られている症例を経験した.慎重な適応症例の選択と注意深い経過観察が必要であるが,明らかにその薬効を享受できる患者は存在するため,レゴラフェニブはソラフェニブ後の二次治療として,常に念頭に置く必要があると考えられる.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

古林 佳恵 能祖 一裕
岡山市立市民病院消化器内科