肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

  • 監修:工藤 正俊(近畿大学)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈企画趣旨〉
     レゴラフェニブがRESORCE試験において,ソラフェニブ治療進行後の2nd line薬剤として2017年6月26日に肝細胞癌に対して適応拡大された。これにより,今までアンメットニーズであった肝細胞癌の薬物治療後の2nd lineの治療法が確立した。ASCO GI 2017におけるRichard S Finnの発表によると,前治療のソラフェニブ開始からレゴラフェニブの服用例に関しては26か月という素晴らしいOS(中央値)の成績が報告された。
     本単行本では,このレゴラフェニブの発売を機にこれまでのRESORCE試験の結果から判明したことに加え,市販後における各施設での実際の使用経験を報告していただき,実臨床における治療効果および副作用の実態について最先端の臨床医の経験をまとめ,今後の本邦における治療のガイドとなるべく企画した。

書籍・雑誌のご購入

5,005円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

電子書籍のご購入

5,005円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
序文 近畿大学 工藤 正俊
特別座談会
レゴラフェニブの登場により肝細胞癌治療のパラダイムはどう変わるのか 国立がん研究センター東病院 吉野 孝之/武蔵野赤十字病院 黒崎 雅之/金沢大学 山下 竜也/京都府立医科大学 森口 理久/(司会)近畿大学 工藤 正俊
第1章 レゴラフェニブの開発治験からわかること
レゴラフェニブの臨床第Ⅲ相試験の試験デザインと概要 国立がん研究センター中央病院 柴  知史,他
RESORCE 試験のデータ -治療成績のUpdate,日本人サブグループの治療成績,レゴラフェニブのバイオマーカー- 国立がん研究センター東病院 池田 公史
ソラフェニブの薬剤耐性メカニズム 東京医科歯科大学 渡辺 秀一,他
ソラフェニブ不応後レゴラフェニブの有効性の基礎検討 金沢大学 山下 太郎
レゴラフェニブの第III相試験の経験症例からわかること-市販後経験例も含めて- 近畿大学 上嶋 一臣,他
レゴラフェニブの副作用プロファイルとマネージメントのコツ 千葉大学 小笠原 定久,他
レゴラフェニブ治療にあたっての留意点 広島大学 相方 浩,他
ソラフェニブ・レゴラフェニブsequential 療法の可能性 近畿大学 工藤 正俊
肝癌診療ガイドラインにおけるレゴラフェニブの位置づけ 金沢大学 山下 竜也,他
レゴラフェニブの登場による今後の肝細胞癌薬物療法の展望 杏林大学 古瀬 純司
第2章 レゴラフェニブの使用経験
実臨床での進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療の初期経験 武蔵野赤十字病院 土谷 薫,他
当科における進行肝細胞癌のレゴラフェニブ治療-奏効1 例を含む使用経験- 九州医療センター 和田 幸之,他
レゴラフェニブの臨床経験 千葉大学 小笠原 定久,他
レゴラフェニブが奏効したStage Ⅳ肝細胞癌症例 岡山市立市民病院 古林 佳恵,他
当院におけるレゴラフェニブ治療-6症例の使用経験- 広島大学 内川 慎介,他
肝細胞癌と結腸・直腸癌に対するレゴラフェニブの安全性プロファイル 金沢大学 寺島 健志,他
進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブの使用経験-投与後早期の変化に着目- 名古屋大学 葛谷 貞二,他
進行性肝細胞癌に対する二次治療-レゴラフェニブの副作用と治療効果- 三井記念病院 大木 隆正
レゴラフェニブ治療の初期使用経験 神奈川県立がんセンター 森本 学,他
レゴラフェニブ治療5 症例にみる経過と教訓 帝京大学ちば総合医療センター 小尾 俊太郎,他
当院におけるレゴラフェニブ適格例の検討と使用経験 大阪赤十字病院 西島 規浩,他
ソラフェニブ不応の肝細胞癌に対するレゴラフェニブの7 症例 横浜市立大学附属市民総合医療センター 沼田 和司,他
肝細胞癌に対するレゴラフェニブの使用経験-有害事象に着目して- 京都府立医科大学 森口 理久
実臨床におけるレゴラフェニブの使用経験 久留米大学 鳥村 拓司,他