肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

ソラフェニブの薬剤耐性メカニズム

電子書籍のみ

  • 渡辺 秀一他(東京医科歯科大学)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    肝細胞癌は典型的な血管新生を呈し,ソラフェニブ,レゴラフェニブ,レンバチニブなど主にVEGFRキナーゼを阻害する血管新生阻害剤の有効性が認められている.血管の構成細胞は,癌細胞に比べて遺伝的に安定であり耐性を生じにくいため,格好の治療標的と考えられてきた.しかしながら,最初は血管新生阻害剤が有効でも,治療経過に従って耐性を獲得するばかりか,かえって悪性化が進行することも指摘されている.近年,その分子メカニズムとして幹細胞性獲得とエピゲノム変化の重要性が明らかになっており,バイオマーカー診断のみならず,新たな治療開発への展開が期待されている.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

渡辺 秀一 島田 周 田中 真二
東京医科歯科大学分子腫瘍医学