肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

レゴラフェニブ治療5 症例にみる経過と教訓

電子書籍のみ

  • 小尾 俊太郎・他(帝京大学ちば総合医療センター)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    本稿では実臨床の視点から,観察期間は短く症例数も限られているが,レゴラフェニブの使用経験を報告した.レゴラフェニブのバイオマーカーは,“ソラフェニブ忍容”である.適切な症例選択によって,腫瘍抑制効果を十分に実感できる結果であった.減量開始よりも,生じる可能性の高い有害事象の知識を患者と共有することによって,発生した有害事象に適切に対応することが薬剤のポテンシャルを最大限引き出せると思われた.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Message from regorafenib in clinical practice
小尾 俊太郎*1,2 佐藤 新平*2 河井 敏宏*2 近藤 祐嗣*2 杉本 貴史*2  菅田 美保*2 浅岡 良成*3 梶山 祐介*4 佐藤 隆久*1  矢原 良子*1 福村 幸代*1 道田 知樹*1
*1 帝京大学ちば総合医療センター内科
*2 佐々木研究所附属杏雲堂病院
*3 東京大学医学部附属病院消化器内科 
*4 帝京大学医学部附属溝口病院消化器内科