肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

実臨床での進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療の初期経験

電子書籍のみ

  • 土谷 薫他(武蔵野赤十字病院)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    レゴラフェニブはソラフェニブ治療後病勢進行(progressive disease:PD)例における2nd line agentとして世界ではじめて第相試験(RESORCE trial)1)がpositiveとなった薬剤である.一方,これまでに進行肝細胞癌に対する1st lineまたは2nd line agentとして名乗りを上げた数々の新規分子標的薬の臨床試験がnegativeであった.この第相試験の成功により,本邦では2017年6 月より「がん化学療法後に増悪した切除不能な肝細胞癌」患者にレゴラフェニブが投与可能となった.レゴラフェニブの臨床試験はほかの分子標的薬の試験と比較し,いくつかの特有なinclusion criteria(組み入れ基準)を用いたことが特徴である.まずはこの臨床試験の組み入れ基準に合致する症例に対してレゴラフェニブ治療が施行されるべきであり,その後,本邦において実臨床における対象症例の背景因子・治療導入時期・至適投与量・治療効果判定法・レゴラフェニブPD例での後治療など,さまざまな事項について多数例での検討・検証が必要である.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

土谷 薫 安井 豊 高田 ひとみ 黒崎 雅之 泉 並木
武蔵野赤十字病院消化器科