肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

レゴラフェニブの副作用プロファイルとマネージメントのコツ

電子書籍のみ

  • 小笠原 定久他(千葉大学)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    レゴラフェニブは,ソラフェニブ不応進行肝細胞癌に対してRESORCE試験において全生存期間を有意に延長することを示し,2017年6月に本邦で保険承認を得た.RESORCE試験において,レゴラフェニブが先行して開発されていた進行大腸癌やGISTの臨床試験と比べて,特筆すべき新たな有害事象は認めなかったが,マルチキナーゼ阻害剤に特徴的な手足皮膚反応,下痢,全身倦怠感および高血圧を高率に認めた.レゴラフェニ
    ブは,ソラフェニブの類似薬であり,副作用のプロファイルも類似点が少なくなく,RESORCE試験においてはソラフェニブに忍容性を認めた症例のみを対象としたのにもかかわらず,用量調整や休薬に至る症例を少なからず認めた.本稿においては,すでに実臨床において多くの経験のある進行大腸癌やGISTの報告も参考にしながら,進行肝細胞癌におけるレゴラフェニブの有害事象マネージメントのコツを論及する.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

小笠原 定久*1,2 大岡 美彦*1 鈴木 英一郎*1 千葉 哲博*1 加藤 直也*1  
* 1 千葉大学大学院医学研究院消化器内科学[〒260-
* 2 千葉大学医学部附属病院臨床試験部