肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

レゴラフェニブの臨床経験

電子書籍のみ

  • 小笠原 定久他(千葉大学)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    当院においてRESORCE試験に登録された症例のうち,7例が実薬(レゴラフェニブ)が投与され,うち3例がソラフェニブの治療期間よりレゴラフェニブの治療期間の方が長かった.本稿において,それら3 例のレゴラフェニブ治療の臨床経過をお示しする.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

小笠原 定久*1,2 大岡 美彦*1 鈴木 英一郎*1  千葉 哲博*1  横須賀 收*3,4 加藤 直也*1
* 1 千葉大学大学院医学研究院消化器内科学
* 2 千葉大学医学部附属病院臨床試験部
* 3 地域医療機能推進機構船橋中央病院
* 4 千葉大学