肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療

レゴラフェニブ治療にあたっての留意点

電子書籍のみ

  • 相方 浩他(広島大学病院)
  • 発行日:2017年12月22日
  • 〈要旨〉
    進行肝細胞癌に対する標準治療であるソラフェニブの二次治療として,レゴラフェニブの有効性がRESORCE試験により示され,本邦において2017年6月保険承認された.レゴラフェニブのエビデンスは,前治療であるソラフェニブ不応例のうち,肝予備能と全身状態が良好で,ソラフェニブに忍容性を示す症例において有効性が示されており,また,有害事象に注意を要する薬剤でもある.実臨床におけるレゴラフェニブ治療では,RESORCE試験の概要を十分に理解し,適正使用患者基準の遵守と適切な副作用マネージメントを行い,症例を蓄積していくことが必要と思われる.さらに,今後,二次治療を見据えたソラフェニブ治療のマネージメントについての検討も必要となるであろう.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

相方 浩 内川 慎介 河岡 友和 茶山 一彰
広島大学病院消化器・代謝内科