Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

手術手技シリーズ 最小侵襲手技による腰椎後方固定術(MIS-TLIF)の実際

電子書籍のみ

  • 石井 賢(慶應義塾大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    近年,最小侵襲脊椎手術(Minimally invasive spine surgery; MISS)が広く普及している.MISSはMEDやPEDに代表される除圧術と最小侵襲脊椎制動・固定術(Minimally invasive spineStabilization; MISt:ミスト)の2 つに分類される(図1).MIStの中で特に注目されている手技が経皮的挿入椎弓根スクリュー(PPS)を用いた最小侵襲腰椎固定術(MIS-TLIF)1)である.MIS-TLIFはその低侵襲性やPPS設置の簡便性から,近年では腰椎変性側弯などに対する多椎間固定にも応用されている.また,転移性脊椎腫瘍や脊椎破裂骨折などの胸椎・胸腰移行部病変に対してはPPSを用いた最小侵襲脊椎制動術(狭義のMISt)が行われている.本稿ではMIS-TLIFのコンセプト,適応,手術手技のコツ,手術手技,ピットホール,今後の展望について概説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

石井 賢
慶應義塾大学医学部整形外科