Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

下行性制御機構:下行性疼痛制御機構におけるセロトニンの役割

電子書籍のみ

  • 井辺 弘樹ほか(和歌山県立医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    人や動物の脳には,下行性疼痛調節系という痛みをコントロールする神経回路が存在している.その重要な構成要素である吻側延髄腹内側部には5-HT ニューロンが分布し,脊髄後角に投射して痛みをコントロールしている.最近,この神経回路は痛みの抑制だけではなく,全く逆の痛みの増強という働きを持つことが明らかにされた.種々の病態において痛みの慢性化にこの下行性疼痛調節系が関与しているのではないかと考えられている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The roles of descending serotonergic neurons in the RVM in chronic pain state
井辺 弘樹* 仙波 恵美子**
*和歌山県立医科大学医学部第一生理学講座
**同 第二解剖学講座