Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

脊髄メカニズム

電子書籍のみ

  • 谷口 亘ほか(和歌山県立医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    痛み情報は生体の防御システムの一部であり,警告信号としての重要な役割を担っている.しかし,痛み情報が生体防御の役割を逸脱し,痛みそのものが治療の対象になると,もはや有害なものでしかなく,慢性疼痛と呼ばれる病態となる.慢性疼痛はさまざまな原因によって発症するが,脊髄レベルにおける神経の可塑的変化がその一因であり,そのメカニズムが近年明らかになりつつある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Pain mechanisms in the spinal cord
谷口 亘* 吉田宗人* 中塚 映政**
*和歌山県立医科大学整形外科教室
**関西医療大学保健医療学部疼痛医学分野