Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

下行性制御機構:下行性制御機構を標的とした薬物(ガバペンチン,プレガバリン,ミルナシプランなど)

電子書籍のみ

  • 田辺 光男ほか(北里大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    ガバペンチンやプレガバリンは上位中枢において抑制系を解除して下行性ノルアドレナリン神経を活性化させて神経障害性疼痛を緩解する.また,選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬のように脊髄レベルで下行性疼痛抑制系を促進する薬物も慢性疼痛緩解には有効である.このように下行性疼痛抑制系は,神経障害性疼痛をはじめとする慢性疼痛の薬物治療や新規治療薬開発において重要なターゲットとなっている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Pain relief by employing the descending pain inhibitory system
田辺 光男* 高須 景子** 大波 壮一郎** 小野 秀樹***
*北里大学薬学部薬理学教室
**塩野義製薬株式会社医薬研究本部創薬・疾患研究所