Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

序説:慢性疼痛の形成機序に関する最新の研究動向

電子書籍のみ

  • 池田 亮ほか(東京慈恵会医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    慢性疼痛はわが国での受療頻度が高い疾病の上位に含まれ,その受診科の第1位である整形外科の責務は非常に大きい.器質的原因が明確なものは,従来どおりの保存的治療や外科的処置で対応可能であるが,「痛み」そのものの警告機構が破綻し,本来の症状の枠を超えた多面的症状を呈する難治性慢性疼痛に対する治療法はいまだ確立されていない.その最大の要因は,慢性疼痛の成立機序が複雑で,かつ,その客観的評価が困難なことにあると考えられる.今後の治療発展のために重要な研究報告を中心に紹介する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Introduction: recent advances in understanding of the mechanisms of chronic pain
池田 亮* 加藤 総夫**
*東京慈恵会医科大学整形外科学講座
**東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター神経生理学研究室