Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

非視床性疼痛機構における慢性疼痛関連可塑性─慢性疼痛と扁桃体─

電子書籍のみ

  • 高橋 由香里ほか(東京慈恵会医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    扁桃体は,恐怖や不安など,主に負情動の処理において中心的役割を担う神経核である.近年,侵害受容情報処理における扁桃体の役割が注目されている.視床−皮質系を介した間接路以外に,脊髄後角から腕傍核を経て扁桃体中心核に至る侵害受容情報の直接路が見いだされ,さまざまな慢性疼痛モデルにおける扁桃体の多様な可塑的変化が報告されている.慢性疼痛に伴う負情動増悪の責任部位としての扁桃体に関する最近の知見を紹介する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Amygdala and chronic pain
高橋 由香里 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター神経生理学研究室