Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

非視床性疼痛機構における慢性疼痛関連可塑性─前帯状回─

電子書籍のみ

  • 山下 哲ほか(星薬科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    前帯状回領域は,痛みの上行性経路の最終地点の一つである.前帯状回は扁桃体との強い線維連絡があることから,不安や抑うつなどの情動行動を司るといわれており,痛みの認知にも重要な部位であることが知られている.最近の前帯状回に関する研究では,疼痛に伴う不安やうつといった情動障害や,睡眠障害に大きく関与することがわかってきた.そこで本稿では,疼痛下における前帯状回の神経機能変化を中心に概説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Anterior cingulate cortex
山下 哲 成田 年
星薬科大学薬理学教室