Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

序説:臨床からみた慢性疼痛

電子書籍のみ

  • 山下 敏彦(札幌医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    運動器慢性疼痛は,メカニズムから慢性侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛に分類される.近年,オピオイドやチャネルブロッカーなど慢性疼痛に対する新しい治療薬が登場しているが,病態の的確な把握と,それに基づいた適正な使用が望まれる.運動療法は,慢性疼痛患者の身体機能改善のみならず疼痛の軽減にも有効である.心理社会的因子が関与する症例に対しては,診療科・業種間が連携した集学的アプローチが必要となる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Introduction: clinical aspects of chronic musculoskeletal pain
山下 敏彦
札幌医科大学医学部整形外科学講座