Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

慢性疼痛の評価・診断

電子書籍のみ

  • 森本 温子ほか(愛知医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    主観的な訴えである疼痛を評価することは非常に困難である.さらに,慢性疼痛では,疼痛に心理社会的背景などが絡み合い複雑化しているため,評価にも学際的なチームアプローチによる生物心理社会モデルを基本とした多面的な評価が必要とされる.その評価については,疼痛という主観的感覚を数値化することに執着しすぎることなく,全人的な視点からの評価が包括的な治療につながると考えられる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Assessment and diagnosis of chronic pain
森本 温子 牛田 享宏
愛知医科大学医学部学際的痛みセンター