Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

慢性疼痛とオピオイド鎮痛薬

電子書籍のみ

  • 吉澤 一巳ほか(星薬科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    オピオイド鎮痛薬による薬物療法は,がん性疼痛に限らず非がん性疼痛に対してもその有用性が報告されている.しかしながら,欧米では慢性非がん性疼痛患者に対する長期オピオイド療法は精神依存をきたす可能性が指摘されており,オピオイド鎮痛薬の適正使用の本質を理解することは大変重要だと考える.そこで本稿では,オピオイド鎮痛薬が有するさまざまな副作用を中心に最新の基礎研究成果を交えて概説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Opioid analgesics in chronic pain
吉澤 一巳* 鳥越 一宏* 成田 年** 鈴木 勉*
*星薬科大学薬品毒性学教室
**同 薬理学教室