Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

慢性疼痛疾患(神経障害性疼痛):腰椎椎間板ヘルニアの疼痛発生機序

電子書籍のみ

  • 大鳥 精司ほか(千葉大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    ヒト,動物実験から導き出された椎間板ヘルニア由来の腰痛,神経根性疼痛の基礎,臨床について記載した.特に神経根の病態として,サイトカインを中心とした炎症,それに物理的圧迫が作用し,神経障害をもたらすことが報告されている.最近ではこれらの研究結果をもとにさまざまな神経伸長因子や腫瘍壊死因子(TNFα)を抑制するサイトカン治療が行われつつある.これらの結果についても記載したい.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Pathomechanism of pain from lumbar disc herniation
大鳥 精司 高橋 和久
千葉大学大学院医学研究院整形外科学