Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

慢性疼痛に対する理学療法

電子書籍のみ

  • 村上 孝徳(札幌医科大学)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    理学療法ではADL,QOLを改善することで二次的に痛みを軽減することが期待できる.この点において運動療法は身体機能の改善のみならず認知療法,心理療法の要素をも含むといえる.理学療法によるアプローチは具体的な生活機能訓練へ結びつけるべきものであり,そのためには痛みの部位・程度のみならず患者の心理状態,包括的な身体機能障害の程度,および生活環境を把握しておく必要がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The principle of physical therapy for chronic pain
村上 孝徳
札幌医科大学リハビリテーション医学講座