Bone Joint Nerve通巻第5号第2巻第2号

下行性制御機構:ノルアドレナリン

電子書籍のみ

  • 古江 秀昌ほか(自然科学研究機構生理学研究所)
  • 発行日:2012年04月10日
  • 〈抄録〉
    生体は緊急時に痛みを抑制し,闘争や逃避を可能にする防御システムを備えている.下行性痛覚抑制がそれにあたり,橋ノルアドレナリン神経群などが最終的な指令を出すと推測されている.本稿ではその全容が明らかにされつつあるノルアドレナリンによる鎮痛,すなわち下行性に脊髄GABAニューロンを主なターゲットとして除痛が起こることを概説し,同様に脊髄GABAの関与が示唆される脊髄電気刺激療法や慢性疼痛との関連を述べる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Noradrenaline
古江 秀昌* 加藤  剛** 馬場 洋***
*自然科学研究機構生理学研究所神経シグナル研究部門,総合研究大学院大学生理科学
**同 生体恒常機能発達機構研究部門
***新潟大学医学部麻酔科学教室